2010年05月14日

<河村名古屋市長>「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)

 河村たかし名古屋市長の就任後1年間を検証するシンポジウム「河村市政の1年の評価〜庶民革命の行方〜」(オンブズマン愛知主催)が8日、同市中村区で開かれた。市長と議会との対立が続く現状に、パネリストからは「対立ばかりでなく議論を深めるべきだ」との指摘が相次いだ。

 パネリストは名古屋市育ちの写真家、浅井慎平氏と藤田和秀市議(自民)、柳川喜郎・前岐阜県御嵩町長。浅井氏は「河村市長になって市民は『政治が自分たちのものだ』と気付かされた」と述べ、市政への関心が高まったことを評価。藤田市議も「市長は思いつくと現場に行って自分の目で見て判断している」と述べた。

 だが市長と議会の対立には否定的な発言が多く、柳川氏は「河村さんの方向性は悪くないが説明は舌足らず。もっと説得に努める必要がある」。藤田市議は「けんかばかりが伝わる状況に多くの市民はうんざりしている」と語った。

 市長が半減を求める議員報酬も論点に。柳川氏は市特別職報酬等審議会を「第三者機関として機能していない」と批判し「議員のお手盛りでもいけないし市長の押しつけでもいけない。審議会に代わる極めて客観的な第三者機関で審議してもらうしかない」と指摘。藤田市議も「自分の報酬をいくらがいいとは言いづらい。第三者に議論してもらうのが適切」と応じた。【丸山進】

【関連ニュース】
名古屋市長:減税案6月定例会に 本格議論を期待
名古屋市:河村市長 就任1年の日も署名活動で街頭へ
地域政党:「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長
名古屋市議会:民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」

「母子多く救われたが…」赤ちゃんポスト3年(読売新聞)
将来の県外・国外移設検討を=普天間で首相に要請−民主・山岡氏(時事通信)
普天間、5月決着断念=地元、米との合意困難−政府(時事通信)
<窃盗>5300万円相当、コントラバス5台など盗難…東京(毎日新聞)
5月末に「方向出したい」=鳩山首相、合意に触れず−普天間(時事通信)
posted by カリベ カズトク at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

和解協議、応じる方向 B型肝炎訴訟、政府調整(産経新聞)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、全国10地裁で係争中のB型肝炎訴訟について、政府が原告と和解に向けた協議に応じる方向で調整を行っていることが6日、分かった。政府はこれまで、仙谷由人国家戦略担当相を中心に長妻昭厚生労働相ら関係閣僚で和解に関する対応の検討を行っており、9日にも詰めの協議をしたうえで最終判断をするものとみられる。

 すでに札幌、福岡の両地裁では和解が勧告され、原告側は和解による訴訟の早期終結を望む意向を示している。長妻厚労相は札幌地裁の次回期日となる14日までに、国の立場を明らかにする意向を示していた。政府が和解協議に応じれば、今後は予防接種による感染者の認定範囲や賠償額などについて話し合われ、和解を目指すことになる。

 ただ、政府内では鳩山政権の支持率回復のため、幅広い範囲で救済を認めるべきだとする声がある一方、財政負担が巨額になることに不安の声も出ており、協議入りした場合も、救済範囲などをめぐって曲折が予想されている。

 B型肝炎をめぐって先行して行われた訴訟では、平成18年に最高裁が原告5人の感染について予防接種との因果関係を認定。1人当たり550万円の支払いを命じた判決が確定している。しかし、その後も予防接種によるB型肝炎感染者への救済は進まず、平成18年3月から各地で相次いで提訴。現在は10地裁で420人の原告が国を相手取った訴訟を起こしている。

【関連記事】
B型肝炎訴訟 国が和解受け入れへ調整
「患者に罪ない。和解を」B型肝炎訴訟で福井、名古屋でも訴え
鳩山首相、日米合意案容認「そんな事実まったくない」
「350万人超への朗報」 肝炎3団体会見
B型肝炎訴訟で初の本人尋問「安心できる治療施策を」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で−赤松農水相(時事通信)
上限なし…規制の網を NTT労組側、民主議員に「脱法献金」(産経新聞)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
<穀物被害>ホルモン散布で高温障害防止 東北大チーム(毎日新聞)
posted by カリベ カズトク at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

交番の警察官に生卵=容疑で少年ら逮捕−警視庁(時事通信)

 交番の警察官に卵を投げ付けたとして、警視庁少年事件課などは22日までに、公務執行妨害容疑で、東京都大田区の飲食店店員の少年(16)ら3人を逮捕し、同区立中学3年の女子生徒(14)ら2人を追送検した。
 同課によると、5人は容疑を認め、「警察官が驚き、慌てて追いかけるところが見たかった」などと話しているという。
 逮捕容疑は昨年11月26日午後4時半ごろ、同庁池上署久が原交番で勤務していた男性巡査部長(48)に生卵3個を投げ、約1キロ離れた同署千鳥交番でも、男性巡査(24)に生卵2個を投げ付けた疑い。
 同課によると、少年らは地元の暴走族メンバーで、盗品とみられるバイク3台に無免許で分乗。卵はいずれも命中せず、交番付近に落ちたという。 

【関連ニュース】
警官の顔に火付け逃走=捜索受け、41歳男逮捕
警察官をひき逃げ、出頭の高校生逮捕=バイクで10メートル引きずる
警官切り付けられ軽傷=包丁男逮捕、知人もけが
タクシー運転手が酒気帯び=乗務中、警察官に体当たり
自宅玄関に「爆発する」と張り紙=差し押さえを妨害、73歳男逮捕

「シカ捕りに行った」と供述=女も容疑認める−奈良県警(時事通信)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
ローソンへの脅迫文 消印は東京・八王子市 警視庁(産経新聞)
<キセル乗車>相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
<舛添前厚労相>新党に触れず 東国原知事と会談(毎日新聞)
posted by カリベ カズトク at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。